こぷたまの日記

DIY、漫画、おすすめ、日々のことなど…

簡単に『間仕切り壁』を設置する方法。

こんにちは。

 

「ここに、壁があったらなぁ」と、思ったことはありませんか。

ですが、業者さんに依頼してリフォームすると、費用も時間もかかってしまいます。

また、それほど本格的な壁ではなく、少しだけ空間を区切ることができる「間仕切り壁」を設置したいなど…

 

今回は、そんな時におすすめの方法です。

木材をホームセンターで買ってきて、自分でつくってみたので紹介します。

まずは『リビング空間を仕切る大きい間仕切り壁』です。

 

<目次>

 

 

材料と必要な道具

【材料】

◯パイン材①背面用

 厚さ18mm  450mm×1200mm(4枚)

◯パイン材②側面用 

 厚さ18mm  400mm×1200mm(2枚)

(パイン材のサイズは、ご自分の用途に合わせてご用意ください)

【道具】

 木工用ボンド(速乾タイプ)

 

手順

(1)①のパイン材を、4枚並べて貼り、背面用の大きな板を作る。

(2)約15分くらいそのまま置き、くっつくのを待つ。

(3)①パイン材4枚をくっつけて作った背面用の大きな板の両端に、②のパイン材を90度になるようにそれぞれ貼り付けて側面をつくる。

f:id:yumihinichishi:20220503213528j:image

 

(4)約15分くらい置き、くっついたら完成‼︎

f:id:yumihinichishi:20220503213542j:image

 

設置する時の注意点

『リビング空間を仕切る大きい間仕切り壁』は自立しますが、安全のため「間仕切り壁」の前側と背面に家具を配置するようにしてください。

私の場合は、前側には電子ピアノを背面にはダイニングテーブルを配置しています。

 

木材の種類について

私は、よく「パイン材」を使います。
見た目や風合いが、部屋になじみやすいですし、好みだからです。
ホームセンターで、簡単に入手できるのも良いです。
また、「桐材」もホームセンターで入手できますし、柔らかいので加工しやすくておすすめです。
お好みで、利用してみるのも良いと思います。

 

アレンジ編

『キッチンカウンターの上用の小さい間仕切り壁』

f:id:yumihinichishi:20220503215052j:image

小さいサイズの木材で、作りました。

先ほど紹介した『リビング空間を仕切る大きな間仕切り壁』は、背面用の大きな板を作るために、4枚の板を貼り合わせました。

ですが、『キッチンカウンター上用の小さい間仕切り壁』では、背面用の板が1枚分で済むので、板4枚を貼り合わせる作業が省かれます。

 

ひとこと…

ホームセンターで、木材を買ってきて貼り合わせるだけなので、自分でとても簡単に作ることができます。

リビングの空間も、快適になりました。

私は模様替えが大好きなのですが、模様替えのバリエーションも増えました。

 

良かったら、作ってみてください。

 

ではまた‼