こぷたまの日記

DIY、漫画、おすすめ、日々のことなど…

「仕事が辛い」を軽くするすぐに使える7つの対処法。

こんにちは。こぷたまです。

 

朝は、いつも気が重いなぁ…

仕事、ツラ過ぎて行きたくないよぉ…


しかも、それが毎日続く…

でも、すぐに仕事を辞めることもできずモヤモヤ。
そんな時に、私が実際に行っていた、すぐに使える対処法をご紹介します。

 

「仕事が辛い」を軽くするすぐに使える対処法7つ

メタ認知をする

はじめに「メタ認知」とは、次のような意味です。

メタ認知は「客観的な自己」「もうひとりの自分」などと形容されるように、現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力である。
引用先:Wikipediaメタ認知 wiki - 検索 (bing.com)

「仕事が辛い」「仕事に行きたくない」を感じている自分自身の身体から、気持ち的にいったん抜け出して、現実の自分をもうひとりの自分が斜め上から見ている感じです。

あれほど、辛いと思っていたのに、自分自分の状況を自分の斜め上から客観的に見ることで、フッと一瞬楽になります。

f:id:yumihinichishi:20220510150523j:image

 

②他の人になりきる

誰か、有名人でも自分の身の周りの人でも、自分から見て気楽に働いていそうな人を設定して、その人の気分で一日過ごしてみます。

ちょっとだけ、心が楽になります。

 

③仕事と自分の人生との関係を見つめなおす

仕事と自分の人生との関係を見直します。
辛いときは、いつの間にか自分自身の視野が狭くなっている場合があります。

自分でも気づかない間に、「仕事がすべて」と思い込んでいたり、「仕事がうまくいかない自分はダメなんだ」など…

そんなことは、決してありません。
仕事は仕事、自分は自分です。

仕事がうまくいかない時でも、プライベートは自分の好きなことをして楽しく過ごすことだってできます。

よぉし、次のお休みは美味しい物を食べに行くぞー‼

 

④心の中で、テーマソングを流す

好きな曲でも、元気になれる曲でも、何でも良いです。

苦手な上司や同僚がいるなら、その人たちに負けないように勇気が出るような曲もおすすめです。

 

⑤体の一部の感覚に集中する

例えば、「一歩、歩く度に、足の親指の感覚を確認する」などです。
頭いっぱいに広がっていた「辛い」「苦しい」という意識が、「足の親指の感覚」に移り変わることで、気分が少し軽くなります。

足の親指、ギュッとするとけっこう気持ちいいなぁ~。

このアレンジ編として、一歩、歩く度に、心の中で「好きな人の名前を言う」という方法もあります。

ですが「好きな人の名前を言う」の場合に気を付けてほしいのが、
自分の身近な人の名前にしてしまうと、けんか中だったりすると余計に気分が悪くなってしまいます。

なので、ある程度、現実的に自分と距離のある好きなアーティストや有名人などがおすすめです。

 

⑥お気に入りのマグカップや水筒で、お気に入りのお茶を飲む

飲み物で、気分転換をしている方もたくさんいると思いますが、
お気に入りのマグカップや水筒で飲むと、気分が良くなります。

そして、私はよく「一保堂のほうじ茶」を飲んでいました。

「一保堂のほうじ茶」は、本当におすすめです。
お湯を注いだ瞬間、ほうじ茶葉の香ばしい香りがふわ~っと広がり、まずその香りで癒されます。
味も、飲むと少し出汁の風味が感じられるような奥行きのある品のある味わいです。

職場では、ティーバッグタイプを使っていました。
家では、茶葉のタイプを使い、茶葉を多めにして抽出時間も長めにして濃いめにして飲むのがおすすめです。

飲むだけでも、気分転換になりますが、お茶の場合、ほうじ茶の香りにも、本当に癒されます。

⑦「仕事を辞めた後の生活一日体験入学」をしてみる

心の中だけでも、いったん仕事を辞めてみます。
子どもの頃にやった「ごっこ遊び」のように、「仕事を辞めた後の生活一日体験入学ごっこ」をしてみるのです。

休日などに、本当に仕事を辞めた「設定」で一日過ごしてみたり…
職場で、本当はもう仕事を辞めてしまった「気分」でいつも通り仕事をしてみたり…

「仕事を辞めたごっこ」でも、やってみると新たな発見があったりします。

f:id:yumihinichishi:20220510150509j:image

アレンジ編として、「本当に辛い」がピークの時は、仕事を休むことも有りです。

私の場合「本当に辛い時は、3日間休んでも良い」と決めていました。

ただし、「使えるのは1年に1回」
「自分以外の人が休んだ時は、しっかりカバーをする」と決めて。

休むと周りの人に迷惑をかけるのではないかと確かに気になるところはありましたが、そこはお互い様と思うと、罪悪感が減ります。

だいたい3日間、思い切り休むと、4日目には出勤できるくらいの元気は戻ってくることが多かったです。
一日で元気になった時は、一日で出勤することもありました。

3日休んでも、心が快復しない場合は、とりあえず4日目は出勤しながら、仕事を辞めるための具体的な準備を進めていくのも、ひとつの方法です。

 

ひとこと…

以上、『「仕事が辛い」を軽くするすぐに使える7つの対処法』をご紹介させていただきました。

使えそうな物は、ありましたか?

どれかひとつでも、あなたの心を軽くするためのお役に立てたら、すごく嬉しいです。

こぷたまでしたー、ではまた‼

 

yumihinichishi.hatenablog.com